糖尿病とEDの関係

 

糖尿病など生活習慣病がEDの原因となることもある?

 

EDは勃起機能の低下という意味があり、勃起に時間がかかったり、途中で機能が低下したりといった症状が出てきます。年齢に関係なく起こることがあり、近年では若い人にも増えています。原因としては加齢、ストレスなどの心理的な要因や糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病、脳出血やパーキンソン病などの神経系の障害、前立腺がんなどの手術による影響、前立腺肥大などの泌尿器科系の病気などがあげられます。

 

EDは血管と関係しており、動脈が良く拡がらないと陰茎海綿体に十分な量の血液が流れず勃起が起きにくくなります。加齢とともに血管がもろくなり、神経もすばやく伝達されないため年を取ると起こりやすくなります。

 

また、陰茎部分の動脈に動脈硬化があったり、脂質異常症などで、血管が詰まりやすい状態にあると血液が流れないためEDになる可能性が高くなります。特に糖尿病の場合は血管や自律神経に障害が起きている状態ですので、おこる可能性が最も高く、糖尿病がひどければひどいほどEDの症状も重度になってきます。高血糖の場合は神経伝達が悪くなってしまうので興奮状態が脳に十分に伝わらないこともあります。なお高血圧の場合は血圧を下げる薬を服用していることが多く、その薬によってEDを引き起こすことがあります。

 

薬に関しては抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬、骨格筋弛緩薬や利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症治療薬などがあります。これらの薬は糖尿病や生活習慣病の際に処方されることが多いので服用している場合はEDになる可能性が高くなります。

 

EDは精神的なストレスばかりが原因となるのではなく、様々な病気や生活習慣病、糖尿病などでも原因となることがあります。また、糖尿病の合併症の一つがEDとも言われており、発症率は健康な方に比べ3倍ほど高くなります。糖尿病の場合は日ごろ診てもらっている内科か、泌尿器科にて相談します。飲み合わせの問題もあるので、適切な治療薬を飲む事が大切です。