シトルリンの効果とは??

 

精力剤で精力アップが実現?精力剤選びのポイントを伝授

 

彼女とのデートでしっかり勃起できるか不安、途中で中で折れてしまってパートナーとの関係が気まずくなってしまったなど勃起にまつわるさまざまな悩みは男性にとって大変深刻なものとなっています。

 

そうした勃起にまつわる悩みを改善する効果があると期待されているのがさまざまな成分を含む精力剤です。

 

ドラグストアや通販で気軽に購入できる精力剤はED治療薬とは違い即効性があるわけではありませんが、副作用のリスクや飲み合わせの禁忌がなくどなたでも手軽に利用しながら勃起不全対策やスタミナアップを目指せる便利なアイテムです。

 

さまざまな精力剤がありますがその中でも注目されている成分がシトルリンです。
この成分はもともと砂漠にあるスイカの仲間から抽出された成分で、灼熱の太陽が照りつける乾燥や、高温から夜の低温という気温差の激しい砂漠という過酷な環境の中でもしっかりと成長するサポートを果たしています。

 

シトルリンはアミノ酸の一種ですが、体内に入るとアルギニンという物質に変換され、その際に一酸化窒素を作り出します。
この一酸化窒素は脳が性的興奮を覚えて海綿体に発生を指示する成分で、人間の体にも自然に発生するメカニズムがある安全なものですが、高い血管拡張作用があります。

 

一酸化窒素が血管を拡張することにより、陰茎への血流量が増加して硬い勃起を得ることが出来るようになり、勃起を力強くサポートすることができるのです。
シトルリンは血管拡張効果があるため定期的に摂取することで筋繊維そのものを活性化して丈夫にすることができます。

 

そのため、しっかりとした勃起を筋力面でもサポートする働きもあり男性にとってさまざまな嬉しい働きをしてくれます。
シトルリンを定期的に摂取することが全身の血行促進にもなりますので、免疫力をアップして風邪をひきにくい体質に改善したり、スタミナアップしてエネルギッシュな毎日を送るサポートをしてくれる、頼もしい成分と言えるでしょう。

シトルリンとアルギニンの違いは?

トンカットアリって??

 

精力剤で精力アップが実現?精力剤選びのポイントを伝授

 

トンカットアリとは東南アジアの熱帯雨林に自生している薬用植物で、ニガキ科に属する常緑低木です。トンカットアリはしばしばマレーシア人参とも呼ばれ、その精力剤としての効能 からマカや朝鮮人参などと共に世界5大精力人参と称される事もあります。

 

栄養素としてはアルギニン、亜鉛、そしてビタミンB6などの精力の向上に効果的なものを多く含み、現地では滋養強壮、精力増強、そして勃起薬として古来から愛用されてきました。

 

化学物質を用いて合成された医薬品などとは異なり天然の植物であるため、体への負担や副作用の少ない精力剤であるとされています。精力剤として用いられる際には、主に根っこの部分がよく使われます。トンカットアリが精力剤に多く用いられる理由としては、この薬草が男性ホルモンであるテストステロンを大きく向上させる働きがあるというものがあります。

 

テストステロンは精力の向上、やる気の向上、筋肉の増加など主に男性機能を向上させる働きがあるというホルモンで、精力の向上のためにはテストステロンの中でも特に遊離型テストステロンの量が増える事が重要なのですが、トンカットアリを服用する事によってこの遊離型テストステロンが大きく向上します。

 

またトンカットアリの服用を一週間続ける事によって、テストステロンの総量が約4倍に増加するということも明らかになっており、この事からもトンカットアリが精力の向上に非常に有効である事が分かります。他にもトンカットアリに含まれているアルギニン、ビタミンB6、亜鉛がこのような精力の向上に一役かっていると言えます。アルギニン自体に精子の増加やテストステロンを上昇させるなどの効果がある上に、一緒に含まれているビタミンB6がアルギニンの吸収効率を高めています。

 

さらにトンカットアリに含まれているアルギニンの量はマカの約2倍であるとされており、それに加えてテストステロン向上効果のある亜鉛が配合されている事を考えれば、テストステロンの上昇すなわち精力の上昇という点に関して、非常に優れた薬草である事がよく分かります。

バイアグラと精力剤

 

精力剤で精力アップが実現?精力剤選びのポイントを伝授

 

バイアグラは「ED(勃起障害)の治療への有効性が認められている医薬品」です。有効成分「シルデナフィル」の効果で、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害します。PDE5は血管拡張をしずめてしまう働きがあるので、それを阻止してペニスへの血液供給を確実に行わせる薬です。
一方、精力剤は「肉体的な疲れや精神的な疲れを軽減する、医薬品や食品の総称」です。
精力剤というと健康食品が多いですが、医薬品とサプリメントなどの食品の2種類に大別されます。

 

医薬品では、ドラッグストアなどで買えるビタミン剤やにんにく抽出エキスなどは滋養強壮効果が期待できるとされ、精力剤として知られています。
男性の更年期障害改善薬としては「メチルテストステロン」という有効成分が含まれた内服薬や軟膏剤が、医薬品として承認されています。
内服薬も軟膏剤も薬剤師がいる薬局ではないと買うことができない、第一類医薬品です。

 

もう一方の食品のくくりに入っている精力剤が、サプリメントなどの食品です。
ビタミンB群をはじめとするビタミン類や、亜鉛や鉄などのミネラル類、アルギニンやシトルリンなどのアミノ酸、植物から抽出された有効成分などがサプリメントとして出回っています。

 

精力剤と聞いてイメージするのは、後者のサプリメントなどの食品でしょう。
男性向けの精力剤では、加齢による血流の低下、ホルモン分泌の低下、などの内分泌機能の異常が関わっているケースが多いです。
男性は40歳以上になると更年期に入り、男性ホルモンアンドロゲンが急激に低下して、やる気が出なくなる、性欲が減退する、などの症状が起こることがあります。これが男性更年期障害と呼ばれるものです。

 

こういった性欲減退に対しても、精力剤は有効と考えられています。
バイアグラは全身の血流をPDE5酵素の働きを阻害することで勃起を促します。
一方、精力剤は身体の調子を整えるのに有効な栄養素をプラスすることで、身体の調子を整えて勃起しやすい身体に改善するのが違います。

精力剤は慢性疲労にも効果あり?

 

精力剤で精力アップが実現?精力剤選びのポイントを伝授

 

彼女とのせっかくのデートなのに途中で中折れしてしまった、セックスのチャンスなのに勃起できないなど精力減退に悩む方は多くいらっしゃいます。

 

特に最近では中高年男性だけでなく20代などの若い男性もこうした勃起不全の状態を実感することも増えており加齢だけではないさまざまなケースが考えられます。
このように夜の元気がないときにまず利用するのが精力剤です。

 

精力剤にはさまざまな種類があり、マカやクラチャダイムなどの植物由来のもの、馬心筋エキスやオットセイエキスなど動物性のものなどの天然素材を中心としたサプリメントから、シトルリンやアルギニンなど成分系のものなど豊富な種類があります。

 

こうした精力増進剤を利用することで夜の勃起力がアップしてパートナーに満足してもらい、自分も自信を持って楽しむことができるため、常用する方が多くいらっしゃいます。

 

確かにこうした精力剤には夜の勃起力をサポートするさまざまなメカニズムがあります。
精力増進剤に含まれるアルギニンやシトルリンには血管を拡張する作用があり、摂取することで一酸化窒素を発生させて血流をアップしてくれるため、硬い勃起を得やすくする効果が期待できます。

 

ただしこうした精力剤にはED治療薬のような即効性があるわけではないので日頃から飲み続けて行く必要があります。
精力剤を飲み続けることで得られる効果は全身の血行促進効果や男性ホルモンを活性化するなどさまざまな面に及びます。
免疫力がアップして風邪をひきにくい丈夫な体質に変えることができたり、慢性的な疲労を解消する効果もあり、ビジネスタイムもプライベートタイムもエネルギッシュに毎日を過ごすことができるのです。

 

こうした精力剤はED治療薬のように副作用のリスクや飲み合わせの禁忌がない安全性の高さも魅力で年齢を問わずどなたでも利用できるところも魅力です。
夜のために飲み始めた精力剤のおかげで、慢性疲労も解消し、より自分らしく充実した時間を過ごせるようになったという男性も多くいらっしゃいます。

え?精力を弱めてしまう食べ物・飲み物がある?

 

精力剤で精力アップが実現?精力剤選びのポイントを伝授

 

精力を高めるために重要になるのは、血液循環です。体が健康的な状態ならば、血の流れはよくなり精力を高めるのに役立ちます。
つまり、勢力を弱めてしまう食べ物や飲み物とは、血の状態を悪化させてしまうもののことになります。

 

飲み物としては、アルコールがあります。少量であればアルコールは血液循環を良くしてくれますが、多量になれば内臓に負担をかけてしまい、また脳の働きも弱めてしまうので精力低下を引き起こす可能性が高くなります。ほどほどにしておくことを忘れてはいけません。

 

食べ物としては、添加物などの化学成分は体によくありませんので当然精力にも悪影響を及ぼすことになります。そして脂質を取り過ぎてはいけません。多く摂取してしまうと、血中のコレステロールが増えることになり血の流れが悪くなり血管が詰まりやすくなる恐れがあります。

 

他にも精力を下げる可能性があるものとしては、血糖値を上げてしまう甘い食べ物があります。糖分が多いということは、糖尿病などの病気になるリスクも上がっていきます。病気になれば、当然精力も低下していくものです。

 

どれだけ精力にいい食品や飲み物でも、過剰に摂取してしまえば体に負担をかけてしまいます。適切な量を守り、継続して摂取することが大切です。
食べ物や飲み物を気をつけることで、体の状態を良くすることができますが、睡眠や運動にも気を配ればよりよい状態にすることが可能です。
年齢が高くなればなるほど、アルコールや脂質、糖質には気をつけていく必要が出てきます。精力を弱めてしまう食べ物や飲み物を全く摂取せずにすることは難しいですが、できる限り量を減らすことはできます。

 

きちんとした栄養管理ができれば、健康状態を維持することができ血の巡りをよくなり、活発に行動できるといえます。また、病気にもなりにくくなるので、若々しい体を維持することにもつながります。
毎日摂取する食べ物や飲み物を改善することで、弱めてしまう可能性を減らせます。

 

精力剤で精力アップが実現?精力剤選びのポイントを伝授